初心者のカメラ選び。中古でコスパの良いコンデジをまとめてみる

本日は当ブログ「むぎろぐ」をお読み頂きありがとうございます。
どうも、むぎ(@mugiblog)です。

最初に断っておきますが、ぼくはカメラについては全くの素人です。

最近、ガジェットなんかのレビュー記事を書いていて「もっときれいな写真が撮りたい」と、もどかしい思いをする機会が増えて来ました。

ミラーレスや一眼レフのカメラにも憧れるけれど、外に出かける時にもさっと持ち出せて、でもそれなりの写真が撮れるコンデジが気になる。

でも、一言でコンデジといっても商品によって値段は全く違うのです。

というわけで、この記事では20187月現在で購入できるコンデジをぼくの主観で紹介していきます。

最終的には「ぼくが今購入するならコレ」というのを決めていきたいのですが、すぐには手が出ないので記事を書くことで物欲を鎮めていくスタイルでいきたいと思います。

いきなり新品のカメラを購入するのは値段的にもハードルが高いので、中古や型落ちのものに絞って考えていきます。

ぼくのカメラの使い道をメモ

まずは「何を基準に選んでいくのか」ということを具体的にするために、「このカメラを買ったら、こんなことに使いたい」ということを書いていきます。

  • スマホで撮影して、加工するのが面倒。『カメラで撮影して、MacBookに取り込んで一気に編集』という一連の流れで作業したい
  • 外で撮影するとなると、ある程度は手ブレに強いモノがいいかも
  • 旅に出たとき、ちょっとした外出のときにも気軽に使えるように、出来る限りコンパクトで軽いモノを選びたい
  • ガジェットやモノレビューの記事に使用する画像を撮影するため、画質には妥協したくない
  • 将来的には簡単なレビュー動画なんかにも手を出したいから、ある程度動画にも適したモノがほしい

 

簡単にまとめるとこんな感じでしょうか。

単純に「きれいな写真を撮りたい」という目的だけならミラーレスや一眼レフが候補に挙がると思いますが、以上の用途を踏まえるとぼくの場合はコンデジが最も理想的なのかなぁと。

コンデジとミラーレス、一眼レフカメラの違い

先ほどから何度か『コンデジ』と『ミラーレス、一眼レフ』という言葉が出てきていますが、そもそもどんな違いがあるのか?

ぼく自身もよく理解できていないので、簡単に整理してみます。

  • コンデジとミラーレスや一眼レフとの違いはレンズ交換ができるかどうか
  • ミラーレスと一眼レフの違いは反射鏡があるかどうか

 

これだけだと少しわかりづらいので、補足で説明していきます。

コンデジとミラーレスや一眼レフの違いは、レンズ交換ができるかどうか

コンデジとミラーレスや一眼レフとの違いは、レンズの交換ができるかどうか。

コンデジは最初から本体にレンズがついているので、そのレンズでしか撮影することができませんが、ミラーレスや一眼レフの場合は後で好きなレンズを購入して装着することができます。

写真にこだわる人なら、『被写体に合わせてレンズを交換する』といったことができるわけですね。

広角レンズやマクロレンズなど、レンズにも様々な種類があってお金がかさんでしまいそうなところがデメリットでもあります。

ミラーレスと一眼レフの違いは反射鏡があるかどうか

そのままの意味なんですが「反射鏡があるのとないのとでは、どんな違いがあるの?」という疑問が湧いてきたので軽くメモ。

  • ミラーレスは基本的に液晶画面を通して撮影。シャッターチャンスが捉えにくい、レンズ交換に制限があるものが多いといったデメリットがある
  • また、ミラーレスは画質に影響するセンサーが小型なものを搭載しているものが多い
  • ミラーレスは反射鏡がない分、値段やサイズを抑えることができるといったメリットもある

 

細かく言うとミラーレスでもファインダーが付いていたりフルサイズのセンサーを搭載しているものもあったりと、例外はあるものの、一般的には紹介した通りで間違ってないかと。

コンパクトなサイズ感で、気軽に扱えるコンデジがほしい

コンデジとミラーレスや一眼レフの違いが理解できたところで改めて自分のカメラの用途考えると、コンデジがベストな選択肢かなぁと。

ミラーレスや一眼レフにももちろん憧れるけれど、ぼくはカメラ素人だし、レンズなどの選択肢の幅が広すぎてぼくには扱える自信がないというのもあります。

コンデジなら『気軽に持ち運べてそれなりの画質の写真が撮れる』というぼくの希望を叶えてくれるし、ミラーレスや一眼レフはカメラの扱いに慣れて、ぼく自身の技術が追いついてからでもいいかなぁと。

というわけで改めて、ぼくはコンデジがほしい。

カメラ初心者が買うならどのコンデジを選ぶべきか

かなり長くなってきたけれど、ようやく本題に。

『カメラ素人という立場であるぼくが、いまコンデジを選ぶなら、何がベストか』ということで紹介していきます。

最初に紹介したぼくのカメラの用途は以下。

  • スマホで撮影して、加工するのが面倒。『カメラで撮影して、MacBookに取り込んで一気に編集』という一連の流れで作業したい
  • 外で撮影するとなると、ある程度は手ブレに強いモノがいいかも
  • 旅に出たとき、ちょっとした外出のときにも気軽に使えるように、出来る限りコンパクトで軽いモノを選びたい
  • ガジェットやモノレビューの記事に使用する画像を撮影するため、画質には妥協したくない
  • 将来的には簡単なレビュー動画なんかにも手を出したいから、ある程度動画にも適したモノがほしい

 

以上を踏まえて、迷いに迷って最終的に残った候補を紹介していきます。

ちなみに、紹介するカメラは予算的に中古もしくは型落ちのモノがほとんどです。

リコー GR

ざっくりと特徴を紹介。

  • APS-Cサイズ(多くのミラーレス一眼で用いられている)センサーを搭載
  • ズームができない広角の単焦点レンズを搭載
  • マクロ機能によりレンズの先端から10cmまで寄ることができ、ブツ撮りが捗りそう
  • AF(オートフィーカス)が苦手で、ピントがずれやすい比較的玄人向け
  • 値段は中古で4万円前後

 

最新機種はGR Ⅱですが、ぼくの用途ではⅡの機能は必要ないのと、値段的にも手が届きそうなのでこちらを紹介。

ここで紹介するGRはAPS-Cサイズのセンサーを搭載しているモデルなので、画質の良さに関しては申し分なさそうです。

レビュー記事なんかで使用するのにある程度の画質を求めるならこのカメラで十分だと思うのですが、ピントがズレやすいというのは初心者にとっては致命的な気もします。

『気軽にさっと取り出して撮影する』というのがコンデジの魅力なのに、撮影するのに気を遣ってしまうのはちょっとどうかなぁと思うところ。

ただ、なんとなく『リコーのカメラ』に憧れのようなものがあるので、気になっています。

SONY Cyber-shot DSC-RX100

ソニー(SONY)
¥68,224 (2018/08/16 17:46:13時点 Amazon調べ-詳細)

リコーの次はSONYのカメラです。

  • 最近M6が発表されたが、まだまだ現役でいける画質と機能を備えている
  • AFやズームの速度が高速で、サクサクと撮影できそう
  • 初代〜M3との違いとして、CMOSセンサーが搭載されている。動画の撮影が捗りそう
  • 中古でも6万円弱と、比較的高価
  • 軽さと写真撮影だけなら、価格的に初代RX100も選択肢としてありかも

 

ここでは本当にざっくりとした特徴だけなので、詳しく知りたい人は以下の記事が参考になります。

動画撮影にこだわらなければ、中古だと4万円前後で購入できる初代RX-100がいいのかもしれないな、なんて考え出すと悩みは尽きません。

せっかくカメラを買うのであればレビュー記事にYouTube動画を差し込んで記事の幅を広げたいような気もするし、何よりもRX-100シリーズが世界中の人にめちゃくちゃ愛されているというのも魅力的。

現行のM6はレンズが望遠寄りのものになっているようで、ぼくのカメラの用途を考えればバランス的には先代のM5が良いのでしょうけど、価格が8万円近くするのでさすがに『初めてのカメラ』としてはハードルが高すぎます。

やっぱり初代RX-100かなぁ。

Canon PowerShot G7X

最後に紹介するのは、CanonのG7Xです。

現行はMarkⅡで、今年中にはMarkⅢが出そうだと噂されていますね。

先程紹介したRX-100シリーズと比較されることが多いので、比較っぽい感じで特徴を紹介していきます。

  • 被写体によって得意不得意はあるが、どちらも1型センサーを搭載しており、画質的にはほぼ同レベル
  • RX-100は物撮りや広角での風景や建物の撮影に適しており、G7Xは人物撮影に適している
  • RX-100はメニューなどの操作性に優れているが、G7Xと比較すると起動や終了は遅い
  • 価格的にはG7Xの方が安い(初代でも中古で1万円近い価格差がある)

 

結論から言えば、物撮りメインになりそうなぼくのカメラの用途を考えるとRX-100を選んだ方がよさそうです。

価格的にはG7Xなんですが、AFやマクロ機能はRX-100の方が強いですからね。

まとめ

こんな感じで「ブログ記事の画像用にコンデジがほしい」という想いを鎮めるために、記事を書いてみました。

3つのコンデジを紹介しましたが、単純に画質を求めるなら大型のセンサーを搭載しているリコーのGRなんですが、扱いやすさや使い道の幅の広さを考慮するとRX-100 M4あたりを選びたいところ。

本体のサイズや大きさはRX-100の方が小さいので、外出時なんかにもRX-100が良さそうな感じ。

記事を書いていると余計にほしくなってきた感じはあるけれど「自分に合ったコンデジは?」という疑問に対しては整理できてきた気がします。

『買っちゃったレビュー』をする日も近いかもしれませんが、その時は温かい目で見守っていただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください