民泊WiFi「famifi」とは?月額2480円から利用できる格安モバイルWiFi

famifiアイキャッチ

本日は当ブログ「むぎろぐ」をお読みいただきありがとうございます。

むぎ(@mugiblog)です。

「FUJIWifi WiMAX2+with au4G/LTEプラン」を契約。ざっくりレビュー“という記事で紹介した通り、ぼくは先日FUJIWifiでWiMAXプランを契約しました。

月額2,980円という安さはもちろん、契約縛りなしという大きなメリットがあり本当に契約してよかったと思っています。

記事の中でも紹介していますがぼくは最初からFUJIWifiで契約しようと決めていたわけではなく、いくつか候補があってその中から最終的に決めた流れです。

その候補の中でもFUJIWifiに勝るとも劣らないサービスがあったんです。

それが「famifi」。

この記事ではfamifiについて詳しく解説していこうと思います。

famifiとは?

famifi①

出典>famifi

famifiとは、株式会社ファミリアリンクが提供しているモバイルWiFiのレンタルサービスのことです。

通常、WiMAX等他のモバイルWiFiで契約すると端末は購入という形になり、月額料金が高くなってしまいがちですが、famifiはレンタルなので月額費用が非常に安く抑えられているという特徴があります。

なぜレンタルなのかという話をしましょう。

それは、そもそもfamifiは民泊で貸し出されることを前提に提供されている民泊WiFiという位置付けのサービスだからです。

民泊WiFiとは?

近年外国人観光客の増加に従い、民泊というサービスが注目を集めているのはご存じでしょうか。

そういった民泊の施設に来るゲストも快適なインターネット環境を重要視しており、そのゲストに使用無制限で快適に使えるモバイルWiFiを貸し出そうというものが民泊WiFi。

日本だけでなく、海外の観光客も当然スマホを使用しているはずなので民泊を行う施設としても、予約数の増加が期待できるという大きなメリットがあるんですね。

ゲスト向けとはいえ、個人で契約することはもちろん可能です。

famifiのサービス内容

famifiのサービス内容

famifiのサービス内容について紹介します。

通信制限がなく、しかも通信速度最大下り440Mbpsと超高速でしかも対応エリアも広い

公式ページにも通信制限なしと書かれているので書きましたが、実は少しからくりがあります。

famifiはSoftbank回線とWiMAX回線を利用する端末があり、契約時に選ぶことができない

famifiはSoftbank回線とWiMAX回線の端末があり、契約時に利用者が選ぶことはできません

Softbank回線の端末の場合は文字通り通信制限なくSoftbankの純回線を利用できるため、通信速度が高速でかつ対応エリアも広いので当たりですね。

同じSoftbank回線で使い放題と言えばFUJIWifiの「いつも快適プラン」が有名ですが、現在月額6,000円と高くなっているのでそういった意味ではfamifiはめちゃくちゃ安いということになります。

WiMAX回線の対応エリアと通信制限について

対して、地方の田舎などではWiMAX回線は対応していないエリアもあります。

WiMAXの対応エリアについては以下公式ページをご覧ください。

サービスエリアマップ

もし微妙な判定が出た場合にはWiMAXの本家であるUQからお試しでレンタルすることもできるため、不安な方はお試ししてからがよいかもしれません。

Try WiMAX

さらに、WiMAXは3日で10GB使用すると速度制限がかかります。

これはWiMAXならどのプロバイダで契約しても同じになります。

ちなみに10GBの目安は以下の表を参考に。

WiMAX10GBの目安

出典>UQWiMAX

よっぽどネットを使用する人でない限りは速度制限にかかることはないことがわかるかと思います。

ぼくもFUJIWifiのWiMAXプランを契約し使用していますが、今のところ制限にかかったことがありません。

もしかかった場合でも翌日の18時から翌々日の2時まで1Mbps(youtubeの標準動画が支障なく見れる程度)の制限なので、ヘビーユーザーでなければ問題ないかと思います。

ヘビーユーザーの方は迷わずFUJIWifiの「いつも快適プラン」を選びましょう。

月額料金

月額料金は以下の通り。

2か月目2,480円
3か月目以降3,980円

この月額の料金がfamifiを契約する1番のメリットで、月額2,480円からというのは業界最安級です。

この月額料金以外に、月額ユニバーサル料3円(税抜き)、月額安心保証料(2か月目以降は任意)500円(税抜き)がかかるようになります。

契約事務手数料・解約事務手数料

契約事務手数料と解約事務手数料は以下の通り。

契約事務手数料3,000円(税抜き)
解約事務手数料5,000円(税抜き)

少し高い気もしますが、それでも2年・3年縛りがあるWiMAXのプロバイダで更新月以外で解約すると1年目以降でも1万円を超えることを考えると破格の値段ではないかと。

WiMAXの比較!「FUJIWifi」と「BroadWiMAX」はどっちがおすすめ?

送料

送料として1,080円(税込み)かかります。

沖縄や離島の場合は別途540円(税込み)が追加でかかります。

FUJIWifiで契約した時は無料だったので、少し高く感じてしまいますね。

契約期間の縛りなし

解約事務手数料がかかりますが、契約期間の縛りはありません。

先ほど説明した通り、他のモバイルWiFiを提供するプロバイダでは高い解約金が取られることが多いため契約期間の縛りがないのは非常に大きなメリットですよね。

端末代金ゼロ

famifiはレンタルのため端末代金もかかりません。

端末保証

月額500円(税抜き)の安心保障料を払っていれば、紛失や破損、故障時にも安心です。

2か月目以降は解約可能なこの端末保証ですが、万が一のことを思えば契約しておいた方が無難ですね。

多言語サポート

民泊には様々な国から観光客が訪れるため、日本語はもちろん英語だけでなく中国語や韓国語を話せるスタッフが問い合わせに対応してくれます。

免許証等の本人確認書類の提出が必要ない

ネット上での契約といえどレンタルの扱いなので通常は本人確認のため免許証等の確認書類を添付して送付する必要があるのですが、famifiは必要ありません。

大手の会社であれば信頼もできますが、民泊相手に個人情報を渡すのはちょっと気がひけますよね。

そういった意味では契約するハードルを下げる後押しになるのではないでしょうか。

famifiを契約するメリット・デメリット

famifiを契約するメリットとデメリットを説明していきます。

famifiを契約するメリット

  • 通信制限なしで契約できるモバイルWiFi
  • Softbank回線とWiMAX回線で対応エリアが広く速度も高速
  • 月額2,480円(初月無料)から利用することができ、業界最安級
  • 契約縛りがなくいつでも解約することができる
  • レンタルだから端末代金もゼロ
  • 500円で補償内容が他のプロバイダと比較しても手厚い
  • 免許証等の本人確認の書類の提出が必要なし

famifiを契約するデメリット

  • 契約時に回線を選ぶことができない
  • 解約事務手数料が他の民泊系WiFiと比較して高い
  • 送料が1,080円と高い。

famifiを契約するべきなのはこんな人

famifiを契約するべき人の条件に当てはまるのは以下の通り。

  • 月額料金を安く抑えて通信制限なしのモバイルWiFiを使いたい
  • 普段行動する範囲がWiMAXのサービスエリア内であり、WiMAX回線の端末が届いても大丈夫
  • 端末がレンタルであることが気にならない
  • 契約期間の縛りなくモバイルWiFiを使用したい
  • 本人確認の書類を渡すのが不安だから、提出したくない
以上の条件に該当するのであれば、famifiは本当におすすめのサービスです。

famifiの契約の流れ

famifi契約の流れ

契約方法は画像のようになっています。

契約は以下からどうぞ。

決済方法がクレジットカードのみになっているので、手元に準備しておくとスムーズです。

famifiについてまとめました

長くなってしまいましたが、まとめになります。

民泊系のモバイルWiFiのレンタルサービスの中でも特におすすめできるのが今回紹介したfamifi。

通信制限を気にせずにモバイルWiFiを使いたいという方や、本人確認の身分証の提出が不安だという方にはまさにうってつけのサービスです。

ぜひ、契約を検討してみて下さい。

ホームページは以下からです。

レンタルのWifiならFUJIWifiもおすすめ

記事の内容は以上ですが、今回紹介したfamifi以外にもおすすめのWifiレンタルサービスがあるので紹介しておきます。

それがFUJIWifi。

famifiを調べている方ならすでにご存じかとは思いますが、詳しく紹介しているのでぜひ読んで下さい。

超おすすめ!FUJIWifiは使い放題でプランも豊富な最強のモバイルWiFi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください