WordPressテーマSANGOで初心者でも簡単におしゃれなデザインに。

SANGOの魅力

本日は当ブログ「むぎろぐ」をお読み頂きありがとうございます。
どうも、むぎ(@mugiblog)です。

この記事ではWordPressテーマSANGOの魅力を紹介します。

何を隠そう、SANGOはぼくが初めて購入したWordPressの有料テーマです。
他のテーマにはない圧倒的におしゃれなSANGOのデザインに惚れて購入して、半年以上の時が経過しています。

半年も経てば購入してすぐの高揚した気分からはさすがに落ち着いて、冷静な目で見ることができます。
SANGOを購入して良かったところ、悪かったところも見えてきたので、ここらで一度振り返りもかねて記事にしてみようと思いたったのがこの記事です。

最初の見出しに行く前に、購入して良かったところ、悪かったところだけ簡単に紹介しておきます。
「詳細を見る」をクリックすることで見ることができます。

〇購入して良かったところ

  • カスタマイズに詳しくないのに、簡単におしゃれなデザインにすることができた
  • 設定項目も多くなく、手順通りに進めていけば記事投稿に簡単に取り掛かることができる
  • おしゃれ雑記ブログ「サルワカ」の中の人が制作。安心感が半端ない
  • 制作者にとっては初めてのWordPressテーマ。サポートが充実している
  • 今や大人気のテーマになり、カスタマイズの情報が豊富(公認の子テーマまで販売中)
  • Googleマテリアルデザインを採用。アドセンスとの相性抜群

×購入して悪かったところ

  • 今や大人気のテーマだけに、超初心者はデザインが被りやすくなるかも
  • デザインがおしゃれすぎてブログのテーマを選んでしまいそう
  • 良くも悪くもブログ向き。特化したアフィリエイトサイトには不向き

WordPressテーマSANGOとは?

sango

それではWordPressテーマSANGOについて、具体的に紹介していきましょう。

SANGOは、WordPressの有料テーマです。
Googleが推奨するマテリアルデザインをいち早く取り入れたテーマで、今や大人気のテーマとなりました。

SANGOが出て以降も様々なおしゃれなデザインのテーマが販売されていますが、未だにSANGOのデザインを超えるテーマは出てきていないのではないかと個人的に思っています。

サルワカの中の人が制作したテーマ

SANGOはあの「サルワカ」の中の人が制作したテーマです。
ブロガー界隈で知らない人はいないんじゃないかというくらい有名なおしゃれ雑記ブログですね。

不具合があった場合の対応も早いですし、安心感が半端じゃないです。

SANGOは有料テーマ

WordPressのテーマには無料のものも多くありますが、SANGOは有料テーマです。
価格は10,800円。

ぼくは中の人が「段階的に値上げしていく予定」とツイートされているのを見て焦って買ったのですが、いまだに値上げは販売当初の1回だけです。

STORKやJINとの比較

ブロガー界隈でSANGOと比較されることが多いテーマとして、STORKやJINが挙げられるでしょう。

デザインに関しては好みの問題があるので意見が分かれるところでしょう。

SANGOとSTORKの比較

sango-stork

まずSTORKですが、読み込み速度は完全にSANGOに軍配が上がると思います。
WordPressに詳しい方はそれこそカスタマイズ次第で高速化も可能なのでしょうが、SANGOは簡単にできますから。

デザインが好みな方は選んでも問題ないでしょうが、値段も同じですし表示速度が気になるなら迷わずSANGOを選びましょう。

WordPressテーマ「ストーク」

SANGOとJINの比較

sango-jin

次にJINとの比較です。
JINといえば、アフィリエイト界隈で有名な赤石カズヤさんとひつじ♂さんが制作されたテーマ。

STORKやSANGOよりも新しいテーマですが、デザインもおしゃれで高速だしアフィリエイターが制作したテーマなだけあって、アフィリエイトやアドセンスなどで収益化したい人にとっては「痒い所に手が届く」バランスの取れたテーマです。

「今買うなら?」と問われればSANGOよりもJINを選び人が多いのではないでしょうか?

WordPressテーマ「JIN」

カスタマイズに詳しくない初心者でも簡単に、おしゃれなデザインに

sango-1

「SANGOの1番の魅力って何?」と誰かに尋ねられたら、ぼくは迷わずこう答えるでしょう。

「おしゃれなデザインだね!」

SANGOの1番の魅力であるデザインについて詳しく紹介していきます。

美しいデザインの秘密は、あのGoogleも推奨するマテリアルデザイン

SANGOはGoogleが2014年から提唱しているマテリアルデザインを取り入れたテーマです。

「ボタンの形」や「影の付け方」など、1つ1つに細かいルールが決められており、その分ユーザーは直感的に操作することが可能になります。

百聞は一見に如かず、論より証拠。
まずはデモページを見てみましょう。

息をのむほどに、美しい。

設定項目が少ないから、迷わない

「おしゃれなテーマだから、色を選んだりするのも時間がかかりそう」なんて心配は無用です。

先ほどマテリアルデザインの説明をする時に細かいルールがあると紹介しましたが、「おしゃれなデザインにするために」SANGOはあえて設定する項目を少なくしてあるのです。

色の設定項目は以下の「詳細を見る」をクリックしてみて下さい。

  1. 背景色
  2. メインカラー
  3. 薄めの下地色
  4. アクセントカラー
  5. リンク色
  6. ヘッダー背景色
  7. ヘッダータイトル色
  8. ヘッダーメニュー色
  9. ウィジェットタイトル色
  10. ウィジェット背景色
  11. フッターウィジェット背景色
  12. フッターウィジェットタイトル色

箇条書きにすると多いように感じるかもしれませんが、これって少ない方なんですよ?
デフォルトからいじらなくてもよい項目もありますし、見本を見ながらやればさほど難しいことではありません。

マテリアルデザインの「色」の使い方とガイドラインの要点|サルワカ

当ブログなんて、シンプルなデザインにこだわり過ぎて使った色は3色くらいですからね笑

差別化が難しい?そんなことはない!

多くのブロガーが利用している大人気なテーマの宿命とも言えるこの問題。

「みんな使っているから、違いを出すの難しくない?」

そんなことはありません。

あくまでもメインは記事の内容であることは言うまでもありませんが、後で紹介する豊富なショートコードを使用した装飾や少し色をいじるだけで、他のSANGOユーザーとの差別化ができます。

あなただけの「色」が、きっと出せるはず。

SANGOは読み込み速度も高速!

speed

SANGOは読み込み速度も軽いです。
最近では「AMP」という、Googleが推奨する表示を高速化する手法に対応したテーマが多く出ていることからも分かる通り、表示速度はブログ運営において大きな意味を持ちます。

SANGOの高速化については以下の記事が参考になります。

WordPressの高速化~表示速度を上げる12の技~|サルワカ

【爆速サンゴ計画】SANGOを高速化するカスタマイズ|マサオカブログ

豊富なショートコードで、記事を書くのが楽しい

「ちょっと多すぎじゃね?」と思ってしまいそうなほど、SANGOはショートコードが豊富です。

いくつか例を紹介します。

MEMO
補足説明に便利!
注意
注意書きも読者の目を引くデザイン!

↓ 記事の中にシンプルな線を引くこともできます。


この記事でよく使っている「アコーディオン機能」。

おしゃれなタイムラインも。

  • STEP.1
    花を買う
    愛する人を思って、花を買おう。
  • STEP.2
    素敵な場所で、愛の告白を
    素敵な場所で、あなたの気持ちを伝えましょう。
  • STEP.3
    結果、振られる
    あぁーあ……。

SANGOは今や大人気のテーマ。カスタマイズの情報が豊富

poripu

差別化がしづらいというデメリットとして挙げられることもありますが、ユーザーが多いことは悪いことばかりではありません。

ユーザーが多いということは、それだけカスタマイズの情報も充実してくるというメリットもあります。

SANGOのカスタマイズ記事

ぼくがSANGOを使用していていつも参考にしているブログ記事をいくつか紹介しておきましょう。

SANGOのカスタマイズまとめ!一番最初にやる設定集|マサオカブログ

とりあえずこの記事を読んでおけば間違いない!というくらい良記事です。
というかSANGOユーザーでこの記事を読んでない人はいないと思います。

SANGOとブログのカスタマイズメモ|手書きのようで、活字のようで、

みんな大好きかのさんの記事です。
まっさーさんの記事が超初心者向けなら、かのさんの記事は少しWordPressに慣れてきた頃に読むといいかもしれません。

SANGOはこんな人におすすめ

SANGOの魅力をお伝えしてきましたが、以上の内容を踏まえてSANGOは以下のような方におすすめです。

  • SANGOの美しいデザインに惚れた人
  • おしゃれなデザインにこだわりたいけど、少しでも簡単に、そして時短したい人
  • アフィリエイトメインの特化サイトよりも、ブログを運営したい人

単にアフィリエイトの特化サイトを作りたいのであれば、AFFINGER5やJINを選んだ方がいいでしょう。
ブログよりのアフィエイトや雑記ブログの運営であればSANGOは超おすすめできるテーマです。

SANGO公認の子テーマPORIPUも購入。収益化も簡単に

poripu-2

つい先日、SANGO公認の子テーマ「PORIPU」も購入してしまいました。

マサオカブログのまっさーさん制作のSANGO専用の子テーマ「PORIPU」

PORIPUは、この記事の中で何度も紹介しているマサオカブログのまっさーさん制作のSANGO専用の子テーマです。

SANGOをもっと便利にしたり、収益化するために必要な機能が詰まっています。

具体的な機能については以下です。

  • サイトの表現力の拡張
  • アドセンス収益の拡大
  • プラグインのデザイン対応
  • 記事作成画面の追加機能
  • ボックスやカエレバなどのデザインが追加

個人的にはアドセンス収益の拡大や投稿時間のコントロールだけでも買う価値があるかと。
理由は簡単で、カスタマイズが面倒なところだからです。

あとは製作者であるまっさーさんの人柄でしょうか。
自らをツイ廃と名乗る通り、ユーザーとの距離が近いんですよね。

PORIPUの詳細は以下からどうぞ。

SANGOのカスタマイズ子テーマPORIPU|マサオカブログ

SANGOであなたのブログを驚くほど簡単に、おしゃれに。

sango-eyecatch

ここまでつらつらとSANGOの魅力を紹介してきましたが、そろそろまとめましょう。

  • SANGOの美しいデザインに惚れた人
  • おしゃれなデザインにこだわりたいけど、少しでも簡単に、そして時短したい人
  • アフィリエイトメインの特化サイトよりも、ブログを運営したい人

以上に当てはまる人に、SANGOはぼくが自信を持っておすすめできる最高のテーマです。

最後に、ぼく自身の話をして締めます。

WordPressでブログを運営すること自体が初めてだったぼくにとって、有料テーマを購入することは少し勇気がいることでした。「最初は無料テーマで始めてみて、慣れてから有料テーマで」なんて考えてもいました。

でも、SANGOのデモページを見て考えが一変しました。

「この美しいデザインのテーマでブログを運営したら、どんなに楽しいだろう」

人が何かを始めるのに、起点となるのは、自分が「うれしさ」を感じるモノだったりします。

ぼくにとってWordPresでブログを始める、継続する上で「少しの面倒さ」というハードルを下げてくれたのは、間違いなく今回紹介したテーマ「SANGO」です。

そして、ブログを運営する「楽しさ」、運営し続けることで得られる「うれしさ」を教えてくれたのも「SANGO」です。

あなたもぜひ、SANGOを購入して「楽しく」ブログを続けて、続けているうちに得られる「うれしさ」を感じてみませんか?

次にあなたが読む記事は「Cocoon」。
今回紹介した「SANGO」意外にも、WordPressのテーマについて紹介した記事を書いています。

WordPressテーマ「Cocoon」 無料WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」の魅力をざっくりと紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.